琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Pref
  • サイト内検索
見本
  1. ホーム
  2.  > 収蔵品
  3.  >> 収蔵品紹介
  4.  >> 絵画
  5.  >>> 舎利供養

収蔵品

舎利供養(しゃりくよう)  杉本哲郎筆  3面1図         昭和時代  本館蔵

       

この宗教壁画は、昭和24年(1949)、琵琶湖文化館の前身である滋賀県立産業文化館の展示場内に描かれた。産業文化館は県庁横の旧武徳殿を改装して開館、戦後混乱期における文化財の県外流 出の防御と県内産業の発展による県経済の復興を主な目的としていた。文化財展示場の中2階の観客席を改装した収蔵庫の壁面に描かれた「舎利供養」は3画面で構成され、中央がほぼ正方形、左 右が横長の画面となる。中央には天蓋の下の舎利塔を中心として、両脇に観音・勢至の両菩薩、上部には顔が人で体が鳥である迦陵頻伽を配す。また、向かって右面には蓮華をささげ、舞踊する11 人の菩薩たちと帝釈天、左面にはさまざまな楽器を奏する13人の菩薩たちと梵天が描かれている。
昭和31年(1956)、産業文化館の建

物が再び武徳殿として使用されることになると、杉本は壁画の前で武道を行うことは不本意であると申し入れた。県は「舎利供養」を取り外して、警察機動隊 (大津市三井寺下)で保管、昭和35年(1960)の琵琶湖文化館建設にあたり、これを展示するために法隆寺夢殿風の八角形の別館を用意した。この時県は作者の意志だけでなく、その文化的、芸術 的背景にも理解を示して壁画を取り外し、それにより相応しい場所を新しく用意したのである。
文化館別館1階の壁面に埋め込まれた「舎利供養」は昭和36年(1961)の開館以降、多くの来館者の目を楽しませたが、昭和60年代頃から作品の保存状態の悪化等を理由に、人目に触れる機会が 無くなってしまったが、その後現在も文化館に収蔵されている。
  ※杉本哲郎 明治32年(1899)大津市生まれ。宗教壁画の作品は、他にウェスティン都ホテル京都「清水寺縁起」・米原市福田寺「初転法輪」・長浜市千手院「観音讃頌」などがある。