琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Pref
  • サイト内検索
見本
  1. ホーム
  2.  > 収蔵品
  3.  >> 収蔵品紹介
  4.  >>> 絵画
  5.  >>> 山水図

収蔵品

山水図(さんすいず)   藤本鉄石筆  1幅      江戸時代  本館蔵
 文久3年(1863)8月17日、「尊王攘夷・倒幕」の旗の下、大和国(奈良県)に挙兵した集団があった。のちに天誅組(てんちゅうぐみ)と称されるこの集団の中には、文人画家としても名を 馳せた藤本鉄石(ふじもと てっせき)がいた。
 藤本鉄石は、文化13年(1816)、片山佐吉の四男として備前国御野郡東川原村(現 岡山市)で生まれた。鉄石は、幼いころから和漢の学問を好み、和歌や漢詩、書もよくする一方、兵学を学び、武術にも優れていたが、天保11年(1840)に脱藩して京都へ出る。この頃伊藤花 竹について南画を学び、山水画・花鳥画を得意として京都で名を成した。また長沼流軍学を修め、剣術は一刀流の免許を得ている。さらに伏見奉行の要請によって伏見に学塾を開いて多くの弟子を 集め、学問と武芸を教授していたが、天保14年(1843)、突然旅に出、奈良から紀州を経て江戸に至り、江戸を拠点にして東北を旅し、また中山道を信州から越後に出て、北陸道を下って金沢、福 井を経て郷里の岡山に戻り、そこから西に向かって九州から山陰、四国を巡り、ようやく嘉永4年(1951)に京都に戻った。黒船来航以来、攘夷論が高まる中での長期にわたる旅は、国防、軍事のための地理調査ではないかとも言われている。事実、帰京後の鉄石は、清河八郎を介 して尊攘派志士たちと交わりを持つなど、尊王攘夷の志を強めていく。

 一切の欲得を捨て、揺るがぬ信念をもって事を起こし、時代に翻弄されながらも、享年48歳で壮絶な討ち死にをした鉄石。彼の遺した絵は、流麗繊細な墨線と、抒情的な表現に特徴があ り、実直でやさしい人柄を偲ばせる。