琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Pref
  • サイト内検索
見本
  1. ホーム
  2.  > 収蔵品
  3.  >> 収蔵品紹介
  4.  >>> 絵画
  5.  >>> 山水図

収蔵品

山水図(さんすいず)  桑山玉洲筆  1幅        江戸時代  本館蔵
 桑山玉洲(くわやま ぎょくしゅう)は、江戸時代中期の文人画家であり、美術評論家としても知られた。玉洲は、延享3年(1746)に紀州和歌浦で廻船業と両替商を営む桑山昌澄の子として生ま れ家業を継いでからも、新たに新田開発事業を興すなど、経済的環境に恵まれ、青年期を事業家として過ごすかたわら、画業にも傾倒していった。
  玉洲が45歳のときに著した『玉洲画趣(がしゅ)』で次のように振り返っている。「もともと愚かな私である上に、辺鄙(へんぴ)なところに住んでいたので、画の先生や友人は一切おりませんでした 。ただ、幼少のときから古書画を評論することが好きで、明和安永の頃に数度江戸へ行き、当時の有名な画家たちを尋ねてみましたが、自分に合うものがなく、その門に入ることもしませんでした 。」といい、裕福な商家という好条件のもと、江戸の諸名家を訪ね、画や画論を研究して自己形成したとし、ま ったくの独学独習であることを主張している。さらに、「その後しばらくして、京都や大坂を訪れたとき、池大雅や木村蒹葭堂らと交流することによって、書画を評論することを悟ったのです。し たがって、画の先生というものはいませんでした。ただ幼年より自分独自の画を描いて成就したいと思い、一枚も他人の画を模倣したことはございません。」と続ける。玉洲30歳代の頃と思われ、 この頃京阪に遊学して、大雅や蒹葭堂らとの親交を通じて、彼らの感化を受けながら画家として一つの方向性を見出していく。それは文人としての理想郷を描いた山水画というジャンルである。玉 洲は山水表現において、のびやかな線と明るい色彩による独自の画風を確立していくが、一つの型におさまるのではなく、絶えず創意を盛り込もうとしていることが画面からうかがわれる。

 玉洲は生前、あまり脚光を浴びた画家ではなかった。しかしそれは必ずしも画家として不遇であったわけではなく、別に職業を持ちながら、その傍らで画筆を執るという、いわゆる文人スタイル を貫いたのである。円熟期になってもなお、画名を売ろうと京や大坂へ出ることもなく、生涯紀州で過ごしたのも、隠遁生活、田園生活という文人への憧れであったといえよう。そうした意味では 、玉洲は日本における数少ない真の文人といえるかも知れない。