琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Pref
  • サイト内検索
見本
  1. ホーム
  2.  > 収蔵品
  3.  >> 収蔵品紹介
  4.  >> 書跡・典籍
  5.  >>> 文秀女王墨蹟

収蔵品

文秀(ぶんしゅう)女王墨蹟  2幅対       近代  本館蔵

 文秀女王は、伏見宮邦家親王の子として天保15年(1844)に生まれた。3歳で円照寺文乗女王(有栖川宮織仁親王の皇女)の付弟となって、奈良にある円照寺に入った。円照寺は中宮寺、法華寺とともに大和国三門跡寺院の一つである。この門跡は尼門跡と呼ばれる。皇女や皇族の息女が住職となる寺院である。8歳で文秀は得度したのち、円照寺第六世となった。皇族最後の尼門跡として生涯を過ごし大正5年(1926)に亡くなっている。
 この二幅対の墨書は、1幅には、「掬水月在手処華香満衣」、もう1幅に「行到水窮処坐看雲起時」と墨書されている。始めの1幅は、中国清代康熙42年(1703)に、唐代に読まれた詩をまとめた「全唐詩」に収載されている于良史(うりょうし)の詩「春山夜月」の句の一節である。もう1幅も中国唐の王維という人物の詩である。いずれもそれぞれ単独で禅語としてもよく知られる漢詩であり、製作された際にセットとして意識されたものではないと思われる。
 伏見宮家は代々能書家を輩出してきた家柄であるが、文秀もその一人といってよいだろう。墨痕鮮やかで大胆にして力強く、そして淀みない書風をその特徴としており、本品もその特色が遺憾なく発揮された作品であるといえる。